知っておきたい!車のナンバーに関する知識について

pet03_m

自動車の前後に取り付けられているナンバープレートは自動車の情報を知るための重要なもので、言い換えれば自動車に取り付けられた名札のようなものです。 

自動車は、事件や事故に関わることがあります。

盗難・人身事故・物損事故・違反・その他の重大事件などです。

盗難や事故、違反の際の逃走に利用されることのある自動車は、プレートに表示された番号を照会することで誰の車でどこの保管場所か、どのような車種かの情報追跡が出来、速やかな事件解決を促すために重要であると考えられています。

プレートには所在地、車両識別番号、ひらがな、4桁の下番が表示されており、最近では4桁が自由に選べる、希望番号制度がスタートすると、誕生日や語呂合わせ、1番や7番に8番などの縁起の良い番号を選ぶ人が多く、ただし、地域名表示・分類番号・ひらがなは選べず、下4桁の数字のみが選べるものです。

中高年層の夫婦が所有する車では、1122(いいふーふ)が全国的に多く、1188(いいパパ・いいはは)などや、名前がさよこであれば345、ひろみであれば163などの語呂合わせや、歯科医の4614(白いよ)や眼科の1148(いい視野)精肉業であれば1129(いい肉)などの2や4と通常避けられる数字での語呂合わせをする人も多いです。